# エルモサ・マールのまぁまぁDOLっぽい日記。(秋の夜長の歴史ロマン)

先々週の台風が過ぎたあたりから日を追うごとに涼しくなって、北国の民にもようやく過ごしやすい日が増えてきて体が軽いえるもさ・まーるです(о´∀`о)

秋の夜長はいかがお過ごし?ということで読書にふけりたくなるような季節ですねー♪
ただ、わたしは小説とか文学書とかあまり読まないので読書はちょっと…と言いたいところですが、わたしの大きな趣味の1つである漫画も立派な読書だよね!涼しい夜、ベッドに寝転がりながら遠くに聴こえる虫の声をBGMに好きな作品に没頭する…そんな時間がとても好きでよく寝不足になってしまいますw

漫画好きあるあるなのかどうか分かりませんが『年に一回ぐらい無償に全巻一気読みしたくなる作品』ってありませんでしょうか?わたしにはそんな作品がいくつかあって先日もついつい読んでしまったんですが、今回はそんなお気に入り作品の1つである『MASTERキートン』の中から、あるエピソードをご紹介したいと思います。
※DOLプレーヤー(特に冒険ジャー)なら知ってる方はたくさんいらっしゃると思います(キートンばりの冒険家軍人さん結構いらっしゃるしw)が、まだ読んだことがないって方はとても面白い作品ですので是非一度読んでみてほしいです(*゜▽゜*)

※ここからちょっと長いので興味ない方はパスするのよ!

= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

『祈りのタペストリー』
1

お話の主人公はスペイン・トレド郊外に所有する古いお城を日本の不動産会社に売却するためビジネス旅行で日本を訪れているスペイン人のおじいさん。

旅先の京都のお寺でひょんなことからキートンと出会い、温和で人当たりが良く博識なキートンを気に入って京都にいる間に色々と案内してほしいとなかば強引についてきてしまいます。

2

キートンは娘の百合子と祇園祭を見に行かなければならなかったので断りますが、おじいさんのパワーに負けて渋々お寺に展示されている美術品に関する歴史や日本文化を説明しながらエスコートしていきます。

20170930134844fe4.jpg

その道中で1枚の豪華なタペストリーを見かけたおじいさんは「自分が所有している城にも大きなタペストリーがある。しかしこれとは違い美しさなどなく、祖先にまつわる暗い歴史しかないが。」と不動産交渉用に準備した城の内装資料写真をキートンに見せながら話し出します。
その写真は「本来は城のタペストリーは2枚で1組で片方は東洋人が持ち去ってしまった」ということを教えてくれます。

201709301352129bc.jpg

実はこのおじいさん、とんでもなく強欲&エゴイストな人で、そうなってしまったのは幼い頃からそのタペストリーとそれにまつわる暗い歴史を見聞かされ「自分には先祖代々自己中心的で利己的な生き方をしてきたその血」が流れているからだと、その話(タペストリーの片割れが日本にあるかも?)をネタに不動産売却料を吊り上げたいから不動産屋を焦らす為にまだしばらくは相手をしろ、と更にキートンを振り回します。

キートンは早く解放されたい気持ちと歴史の謎への好奇心から消えたタペストリーの真実を考察し、その持ち去られたタペストリーはもしかしたら支倉常長が伊達藩に持ち帰ったものの中にあったのでは…そしてそれが巡り巡って今まさに行われている祇園祭の山鉾のタペストリーとして使われているかも!という説を導き出し、おじいさんもその2つが揃えば不動産価値をまた上げられる、と京都の街中を探し始めます。

2017093013525625d.jpg

しかし確信の無い説を頼りに広い会場を探したところでそんな簡単には見つかりません。
さすがに諦めかけたそのとき、キートンが息を切らせておじいさんを呼びに来るのですが…

201709301356472a3.jpg

果たしてそのタペストリーに秘められた歴史の真実とおじいさんの涙の理由とは。

2017093013570777f.jpg

お話の結末はぜひ自分の目で見てお楽しみくださいヾ(・∀・)
= = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = = =

んんー、やっぱり歴史ロマンって素敵ですよね♪もちろんご紹介したストーリーはフィクションですが(だと思いますが)スペインを代表する古都トレド近郊には古いお城も多いですし、サン・ファンに乗った支倉常長が岩手から遥か遠いスペインまで来たことも事実で、京都は歴史の塊みたいな街ですから物語にあるような埋もれた歴史が本当にあったかもしれない、と思わせる構成力と脚本力はやはりこのエピソードに限らず何度も読み返させられてしまう『MASTERキートン』の魅力の1つだと思います。

実際、京都にはタペストリーに限らず大航海時代はもちろん西洋から伝わった美術品を鑑賞できるところ(作中の山鉾”鯉山”など)があるらしいです(*'▽'*)
海外旅行は大変かもしれませんが今がベストシーズンの京都なら!この秋思い切って旅行を計画してみても良いのではないでしょうか♪


あ、色々書きましたが、わたし京都は高校の修学旅行で1回行ったことあるだけなので詳しいことはわかりません、どすえ(゜ω゜)


☆;+;。・゜・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゜・。;+;☆
お茶飲みさん達の聖地京都。
わりと本気でほうじ茶スイーツ発掘旅行にでも行ってみようと思ってます(歴史は甘味のついでにでもw)。
京都駅で買えるらしい京都限定ほうじ茶キットカット
kitkat-houjii.jpg


冒険したくなってきたらポチ



スポンサーサイト

# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(旗には歴史があるのです)

世間の学生さん達は夏休みに入ったようで、朝の通勤時の電車混雑が緩和されてちょっとだけ気持ちが穏やかなえるもさ・まーるです(*´-`)

つい最近、電車移動中に暇だったのでWikipedia見てたんです。ほほぅさすが心の故郷スペイン、わたしのキャラ名に似てる町もあるんだなーと目に止まったこのページ。
monte.jpg
まぁhermosa marはスペイン語だしスペインの街なら同じような単語使うこともあるか、と思ってページを閉じようとしたときこの小さい街にも街のマーク?旗?みたいなのがあることに気付きました。そこでふと思ったんです。スペイン国内の州・県・市町村・地区…調べてみたらなんか面白いマークでもあるんじゃない?と。(ホントに暇だったんですよ(=゚ω゚)

で早速調べてみると、ありますねー!シンプルなのからカッコイイの、なんでこんなマークにしたんだwwってやつまでたくさん!今までそんなの気にしたことなかったので意外な発見に十分な暇つぶしになってくれました♪(´ε` )
暇つぶしついでに調べた内容をブログの記事にしちゃえーってことでスペインの街マーク調査結果を載せてみたいと思います!
適当に載せようと思いましたがわたしもDOLではハンター冒険者の端くれ、【アニマル編】【船編】【番外編】のそれっぽい3テーマに沿ってまとめてみることにしました(*'▽'*)

それでは早速【アニマル編】から!
animal.jpg
左上~右下の街マークの順に
ア・ララーチャ→クジラ
パデルネ→イノシシ
ポンテセソ→オオカミ
ポンテデウメ→イノシシ&クマ
アーレス→アヒル
モエーチェ→ライオン
セスーラス→ウマ

なんかよくわかんないですけど妙にリアルなのが多かったですwあと、被っちゃうので載せてませんがオオカミは他にもたくさん使われてましたねー。一番多かったんじゃないかな?

続いて【船編】どうぞ!
ship.jpg
左上~右下の街マークの順に
サダ→フリュート
ネダ→キャラベル
リベイラ→ピンネース
カバーナ・デ・ベルガンティーニョス→バルシャ3隻
フェネ→ハンザコグ
ムーロス→ナオ
フィステーラ→ガレオン

アコルーニャは海沿いの県なので船が描かれたマークが結構ありました。中でも好きなのはリベイラのマーク♪デザインと色合いのバランスがすごく気に入りました(*゜∀゜*)
※ちなみに船の種類は全てわたしの独断と偏見(テキトウとも言う)によるものです。万が一「この船はソレじゃなくでアレでしょ!」というものがございましてもそのお気持ちはあなた様の心の海にそっと浮かべ、船の行く末を見守ってあげてくださいますようお願い致します。

最後は【番外編】
etc1.jpg
左の街マークから順に
アコルーニャ県章→PG12指定
バルバストロ→誰?
ノイア→方舟…かな?

まずは我らがアコルーニャ県!…はBPO問題に発展しそうなので載せられませんでしたwてかどうしてこんなグロいマークにしちゃったのよ(・Д・)アコルーニャ市のほうはドクロで濁してるのにw気になる方はググってみてください。
バルバストロは多分その地区にとっては歴史的にも尊敬される人ってことなんでしょうが…もうちょいなんとかならんかったのw
そして最後のノイア、これがとても不思議でした。マーク自体はかなり斬新で最近っぽいカッコイイデザインですが、見方次第で方舟らしき絵にも見えます。そして街名がノイア(ノア)。なんだか聞いたことある感じですよねー。なんでこんなスペインの片田舎の町がそんなマークを選んだのか…とても気になります。実際全然関係ないのかもしれないし、どこかでつながりがあるのかもしれない。わたしの冒険心にうっすらと火が灯りそうなそんなワクワクするようなネタが転がってきました。暇があったらもうちょっと調べてみようかなと思います( ̄^ ̄)ゞ

いかがでしたでしょうか?スペインには州県市町村合わせて8000以上の地区がありますが、村ひとつ取ってみただけでもなんとも調べ甲斐のありそうなマークの数々。みなさんがお住まいの地域のマークも調べてみるとなにか面白いエピソードが眠っているかもしれません。小学生の頃にもし興味があったら自由研究の課題にしてたかもなー(´-ω-`)
…いや、夏休みの宿題は基本後回しの常習犯だったからきっとやらないなw

☆;+;。・゜・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゜・。;+;☆
スペインの赤城乳業(とわたしが勝手に思っている)frigo社さんの足アイスとドラキュラアイスが食べたい。
frigo.jpg

ポチると夏休みの宿題が免除になるシステム



# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(スペインの夏の訪れ)

最近は暑いところと涼しいところを行ったり来たりしていて体調管理が大変なえるもさ・まーるです(*´-`)
でも北海↔︎カリブを平気で往復させる船長にお弁当1つで文句も言わずについてくるDOLの水夫達の生活環境よりはましかなw

前に書いたかもですが、えるもさは夏が嫌いです(夏好きな方ごめんなさい。。。)単純に暑いのがイヤというだけなんですが、関東に住むようになってまとわりつくような湿気もプラスされてより一層動きたくなくなります。もし夏眠というものがあるなら6〜9月は富士の氷穴あたりで眠ってやり過ごしたいぐらいです(゚ω゚)

そんな暑いの苦手なわたしが愛するスペイン🇪🇸太陽と情熱の国スペインとは言ってもわたしが住んでいたアコルーニャは夏でも涼しく(むしろ寒いぐらい)えるもさ的にはとても過ごしやすい気候の街もあれば、いわゆる一般的なスペインをイメージする照りつける太陽とオリーブ畑に代表されるアンダルシア地方にあるメスキータで有名なコルドバや、州都セビージャのようにものすごく暑く☀️なる街もあります。(湿気が少ないので日本よりか不快指数は高くないかも)

現在初夏にさしかかったあたりのスペインですが、夏の訪れを祝う大きなお祭りがあるのをご存知でしょうか。程度の違いはありますがスペイン全土で催されるその名も『サンファンの火祭り』
夏至を迎える6月21〜24日ぐらいの間で祝われるお祭りで、中でも1番有名なものは「バレンシアの火祭り」で、この時期は例年たくさんの観光客がバレンシアへやってきます。そんな火祭りですが我らがアコルーニャも負けず劣らず街をあげて楽しみます。アコルーニャの場合は、まず明るいうちに近くのリアソール海岸にキャンプファイヤーみたいな火床をたくさん準備します。夜になったら海を眺めながら火をつけ祭りを楽しみます(ちなみにカトリック系のヨーロッパの国々では6/24の聖ヨハネさんの日と夏至が被るので敬虔な信者のおじいちゃんおばあちゃん達は「聖ヨハネ様の生贄になるから水には入っちゃいけないよ?」と言ってきますが若い人達はそんなの気にせず夜の海を泳ぎまくりますw)街の中心部には夜な夜な出店がたくさん出たり、音楽ライブやファイヤーパレードなどが行われとても盛り上がります♪

※毎度のことながらスペイン人は祭りの後のめんどくさい片付けのことはあまり考えないので次の日がまぁ大変です( ゚д゚)「お祭りが休日なんだから後片付けの日も休みにしろ」とか割と本気でわめきますw

ちなみにこの火祭り、スペインだけでなくいろんなところで似たようなお祭りを見ることができます。毎年夏至の時期にその年の恵みを神様にお祈りするその土地土着の祭禮と、キリスト教の聖ヨハネの日とごちゃ混ぜになって世界各地で似たような火を使ったお祭りが見られる、らしいです(わたしは実はスペインだけだと思ってて、今回wiki先生で調べて初めて知りましたw)

夏のヨーロッパ旅行を計画されるなら、ぜひスペインのサンファンの火祭りを観光の目的の一つにしてくれたら嬉しいです( ´∀`)

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
フレさんのブログ見て大航海時代Vコラボイベント今日までだったということに今日気付きました(@_@)
男子用の服から先にやってしまったのでモサモサさんじゃ着られない♂服はゲットしたけど♀服の方が間に合わなかった…ドレス欲しかったのに(T ^ T)仕方ないから♂服はゴリゴリSPに着させます。
あぁ、土日調子に乗って東アジア生物ツアー&オセアニア海域調査なんてやってないでさっさとイベント終わらせるべきだったよ…

でも次のイベントはまた色々もらえるみたいだし気を取り直して頑張ります!
聖アントニオさん祭。クイズとか面白そうじゃん。急いでスーパーひとし君人形準備せな(о´∀`о)
20170606191223cc2.png

待ってろ黒うさスーツ٩(๑`^´๑)۶
20170606191221aff.jpg


早押しクイズ練習用にポチ置いときます。



# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(温泉 to 温泉)

人混みがあんまり好きじゃないわたしは連休とは時期をずらして旅行の計画を立てることが多くて、今年もGWはゴロゴロ寝ながらDOLを遊びつつ、旅の計画を練っておりました(о´∀`о)

わたしは九州にほとんど行ったことがなくて(昔鹿児島に遊びに行ったくらいかな?)次旅行するなら九州で!と勝手に決めていたので、九州でどこかいいところないかなーと考えていました(。・ω・。)

てか色々と旅行雑誌見たけど九州のポテンシャルの高さ凄くないですか?wどの県調べても見所・グルメ・宿の魅力満載♪九州恐るべし(゚ω゚)目移りしてしまってなかなか決められずでしたが、悩んだ末に『大分・福岡の旅』に決定しました!

で先週日曜に友達3人でいざ大分へ!
機内から見た富士山がキレイ♪
富士山

さすが温泉県♨️
空港
※手荷物受取所で見たことないものが回ってきていきなり大分に先制攻撃されて(゚ω゚)?って顔になりましたw(いきなり過ぎて写真は撮れなかったけど、なぜか握り寿司が回ってました)

とり天おいしー。
とり天
飲み物買おうとローソンに寄ったら普通に売ってるしwwこんなお手軽に美味しいもの買えるなら都内のホットコーナーにも置いてほしいんですけど(๑`^´๑)

青空に映える朱。
宇佐神宮
宇佐神宮は全国にたくさんある八幡宮の総本宮らしく、鎌倉散歩に欠かせない鶴岡八幡宮や、行ったことはないけど京都の石清水八幡宮などなどメジャーな八幡宮は色々聞いたことあるけど大分にラスボスがいるのは知りませんでした…

日田焼きそば!
焼きそば
唐揚げもとり天も別府湾の魚介類もそそられますけどなぜかコレにめっちゃ惹かれましたw
もやしとちょっと太めのモチモチ麺がソースにからんで最高に美味い(*゚▽゚*)もう無限に食べれるんじゃないかってぐらい♪

宿に向かう途中に温泉に立ち寄る予定でしたが残念ながら着いたときには閉まってて入れなかった(p_q)けど、宿の温泉も良かったので問題なし!
夕食も素晴らしい(*´Д`*)
夕食1

次の日は湯けむり情景を眺めて地獄巡りへ。
泥地獄海地獄

地獄巡りって一箇所に固まってるのかと思ったら結構歩かなきゃいけないみたいで、外の暑さがリアル地獄だったのもあって2つだけ見てリタイアww
そのあと山の火口のそばにある温泉(塚原温泉だったかな?)に浸かってから福岡へ一気に移動‼️(日本一長い吊り橋にも寄りたかったけど時間配分間違ってて飛行機の時間に間に合わなくなりそうだったので泣く泣くカット(T ^ T))

学問の神様菅原道真先生をお祀りする太宰府天満宮へ。
太宰府天満宮
道真様に生物学、考古学、地理学の学問スキルが早くR17になりますようにと願掛けしてきました(〃ω〃)
応天の門7巻ももうすぐ発売されるし読み直さなきゃ…
20170525125430afa.jpg

あとは最近流行りの?博多うどんを食べて、空港でじっくりお土産タイム(ほとんど自分のだけどw)
ツイッターのフォロワーさんから教えていただいた『ざびえる』。ざびえる…会社の上司にはあげられないヤツや(・Д・)
ざびえる

今回の大分・福岡の旅、観光、グルメ、温泉と全て最高でした(*´꒳`*)遊び過ぎて時間が押して回れなかったところがあったのがとても残念wまたいつか来たいです!
九州はやっぱりよかとこばい♪

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
その土地のスーパーとかに寄って「お土産屋さんに売ってない、けど地元民なら知ってるんだぜ」的な商品を探すのが好きだったりします。
コーヒー牛乳
大分限定?みどりラクトコーヒー☆
味は…想像にお任せしますっ(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)!

ポチごこち。

# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(あんまり知られていない甘いエスパーニャ)

日中はぽかぽかして過ごしやすくなってきましたねー。こんなお出かけ日和な休日の午後は…
アクティブさのカケラもなくゴロゴロしているだけのえるもさ・まーるです(〃 ‘ o’)
いかん、いかんわー。ワンちゃんでも飼ってれば遠くまで散歩にでも行けるんだけどねぇ

まぁいつだって自分にゃ甘いよね。人間だもの。
もさお(・∀・)


甘いと言えばホワイトデーお返しなんてものは期待してませんが貰えるなら嬉しいですね。
ただ、これは日本だけの習慣(てか企業戦略?w)なのでもちろんスペインにはそんな文化ありません。

ってことで今回はわたしの知ってるスペインの甘いものをご紹介したいと思います♪

○Queimada(ケイマーダ)
ガリシア州伝統の魔法の飲み物ケイマーダ。あまり知られていませんがスペインでは珍しくガリシア地方にはケルト文化が根付いていてバグパイプに似た「ガイタ」という楽器があったりビーゴにある「セルタ・デ・ビーゴ」というサッカークラブは"ビーゴに住むケルト人"を表していたり。
よーく見てみるとケルト感が漂うガリシアの伝統的な飲み物ケイマーダは、orujo(オルッホ)と呼ばれる強烈なアルコール度数のお酒にお砂糖とレモンやハチミツ(他にも美味しければ適当になんでも入れるw)を混ぜ、火をつけてひたすら銅鍋でガラゴロガラゴロと回し煮詰めてアルコールが飛んで火が消えたあとの甘いお酒にコーヒーを注いで飲む美味しい飲み物ですこのときとても大切なことが1つ。鍋をかき混ぜながら魔法の薬を作るケルトの魔女のごとく呪文(コンスーロ)を唱えます。これがとても大事。これがないとケイマーダは完成しませんwスペインでもガリシアにしかない文化ですがオルッホと魔女の呪文が手に入れば日本でも簡単に作れますのでぜひ飲んでみてほしい飲み物です
オルッホならネットでも色々な種類が買えるかも。
orujo.jpg

○Queso Tetilla(ケソ テティージャ)
これまたガリシアが誇る名品。とてもおいしいチーズで、別名「尼さんのおっぱい」
確かに形はそんな感じ(о´∀`о)てかよく尼さんに怒られないよねw滑らかな舌ざわりで味もチーズとしては結構な甘さを持っていて、ママの味でおなじみ不二家さんのミルキーみたいな風味。まさにママの味です。ふつーに食べてよし、パン・ハムと食べてよし、溶かして付けてよし、ワインとの相性もよしで実にオールマイティなチーズです日本ではお店に売ってるのは見たことないけどネット通販とかで買えるみたいなので気になる方はぜひお試しあれ。
こんな形。
tetilla.jpg

○CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ) ⇒HPはこちら☆
こちらはバルセロナに本店を構えるスペイン王室御用達のチョコレート専門店。ちょっと高めですがたまに買って食べる分には程よい高級感。味はもちろん洗練された甘さのスペシャリティ。ちなみに原料のカカオはDOLでもおなじみコロンブスさんとコルテスさんが中南米からスペインに初めて持ち帰り、それがフランスへ伝わりヨーロッパ全土へと広がっていったと言われております。チョコレートっていつ食べてもいいものですよねー(*⁰▿⁰*)
ちなみにサンパカさんは東京丸の内にも店舗があるのでチャンスがあれば食べてみてくださいませー。
sampaka.jpg

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
我慢できずに最近買ってしまいました、ホライゾンゼロドーン。
超美麗なグラフィック。とんでもない自由さ。ハンターなわたしにはドンピシャですんごい面白い。すんごい酔うけどw
本編には何も関係ないけどフォトモードって機能が付いてて、これがハンパなくてずっといぢってられますww
Horizon Zero Dawn™_20170311105927

ポチハンター


# プロフィール

えるもさ・まーる

Author:えるもさ・まーる
なにげなく今さら始めた
大航海時代onlineが
楽しくてしょうがない
ゆるゆる航海日記です。
エルモサ・マールは
ASTRAIOSサーバで
日々迷子になってるので
道案内してくれると喜びます。

出航日:2016/8/11♪

# 最新記事


# 検索フォーム

# ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる