# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(温泉 to 温泉)

人混みがあんまり好きじゃないわたしは連休とは時期をずらして旅行の計画を立てることが多くて、今年もGWはゴロゴロ寝ながらDOLを遊びつつ、旅の計画を練っておりました(о´∀`о)

わたしは九州にほとんど行ったことがなくて(昔鹿児島に遊びに行ったくらいかな?)次旅行するなら九州で!と勝手に決めていたので、九州でどこかいいところないかなーと考えていました(。・ω・。)

てか色々と旅行雑誌見たけど九州のポテンシャルの高さ凄くないですか?wどの県調べても見所・グルメ・宿の魅力満載♪九州恐るべし(゚ω゚)目移りしてしまってなかなか決められずでしたが、悩んだ末に『大分・福岡の旅』に決定しました!

で先週日曜に友達3人でいざ大分へ!
機内から見た富士山がキレイ♪
富士山

さすが温泉県♨️
空港
※手荷物受取所で見たことないものが回ってきていきなり大分に先制攻撃されて(゚ω゚)?って顔になりましたw(いきなり過ぎて写真は撮れなかったけど、なぜか握り寿司が回ってました)

とり天おいしー。
とり天
飲み物買おうとローソンに寄ったら普通に売ってるしwwこんなお手軽に美味しいもの買えるなら都内のホットコーナーにも置いてほしいんですけど(๑`^´๑)

青空に映える朱。
宇佐神宮
宇佐神宮は全国にたくさんある八幡宮の総本宮らしく、鎌倉散歩に欠かせない鶴岡八幡宮や、行ったことはないけど京都の石清水八幡宮などなどメジャーな八幡宮は色々聞いたことあるけど大分にラスボスがいるのは知りませんでした…

日田焼きそば!
焼きそば
唐揚げもとり天も別府湾の魚介類もそそられますけどなぜかコレにめっちゃ惹かれましたw
もやしとちょっと太めのモチモチ麺がソースにからんで最高に美味い(*゚▽゚*)もう無限に食べれるんじゃないかってぐらい♪

宿に向かう途中に温泉に立ち寄る予定でしたが残念ながら着いたときには閉まってて入れなかった(p_q)けど、宿の温泉も良かったので問題なし!
夕食も素晴らしい(*´Д`*)
夕食1

次の日は湯けむり情景を眺めて地獄巡りへ。
泥地獄海地獄

地獄巡りって一箇所に固まってるのかと思ったら結構歩かなきゃいけないみたいで、外の暑さがリアル地獄だったのもあって2つだけ見てリタイアww
そのあと山の火口のそばにある温泉(塚原温泉だったかな?)に浸かってから福岡へ一気に移動‼️(日本一長い吊り橋にも寄りたかったけど時間配分間違ってて飛行機の時間に間に合わなくなりそうだったので泣く泣くカット(T ^ T))

学問の神様菅原道真先生をお祀りする太宰府天満宮へ。
太宰府天満宮
道真様に生物学、考古学、地理学の学問スキルが早くR17になりますようにと願掛けしてきました(〃ω〃)
応天の門7巻ももうすぐ発売されるし読み直さなきゃ…
20170525125430afa.jpg

あとは最近流行りの?博多うどんを食べて、空港でじっくりお土産タイム(ほとんど自分のだけどw)
ツイッターのフォロワーさんから教えていただいた『ざびえる』。ざびえる…会社の上司にはあげられないヤツや(・Д・)
ざびえる

今回の大分・福岡の旅、観光、グルメ、温泉と全て最高でした(*´꒳`*)遊び過ぎて時間が押して回れなかったところがあったのがとても残念wまたいつか来たいです!
九州はやっぱりよかとこばい♪

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
その土地のスーパーとかに寄って「お土産屋さんに売ってない、けど地元民なら知ってるんだぜ」的な商品を探すのが好きだったりします。
コーヒー牛乳
大分限定?みどりラクトコーヒー☆
味は…想像にお任せしますっ(๑⁼̴̀д⁼̴́๑)!

ポチごこち。
スポンサーサイト

# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(あんまり知られていない甘いエスパーニャ)

日中はぽかぽかして過ごしやすくなってきましたねー。こんなお出かけ日和な休日の午後は…
アクティブさのカケラもなくゴロゴロしているだけのえるもさ・まーるです(〃 ‘ o’)
いかん、いかんわー。ワンちゃんでも飼ってれば遠くまで散歩にでも行けるんだけどねぇ

まぁいつだって自分にゃ甘いよね。人間だもの。
もさお(・∀・)


甘いと言えばホワイトデーお返しなんてものは期待してませんが貰えるなら嬉しいですね。
ただ、これは日本だけの習慣(てか企業戦略?w)なのでもちろんスペインにはそんな文化ありません。

ってことで今回はわたしの知ってるスペインの甘いものをご紹介したいと思います♪

○Queimada(ケイマーダ)
ガリシア州伝統の魔法の飲み物ケイマーダ。あまり知られていませんがスペインでは珍しくガリシア地方にはケルト文化が根付いていてバグパイプに似た「ガイタ」という楽器があったりビーゴにある「セルタ・デ・ビーゴ」というサッカークラブは"ビーゴに住むケルト人"を表していたり。
よーく見てみるとケルト感が漂うガリシアの伝統的な飲み物ケイマーダは、orujo(オルッホ)と呼ばれる強烈なアルコール度数のお酒にお砂糖とレモンやハチミツ(他にも美味しければ適当になんでも入れるw)を混ぜ、火をつけてひたすら銅鍋でガラゴロガラゴロと回し煮詰めてアルコールが飛んで火が消えたあとの甘いお酒にコーヒーを注いで飲む美味しい飲み物ですこのときとても大切なことが1つ。鍋をかき混ぜながら魔法の薬を作るケルトの魔女のごとく呪文(コンスーロ)を唱えます。これがとても大事。これがないとケイマーダは完成しませんwスペインでもガリシアにしかない文化ですがオルッホと魔女の呪文が手に入れば日本でも簡単に作れますのでぜひ飲んでみてほしい飲み物です
オルッホならネットでも色々な種類が買えるかも。
orujo.jpg

○Queso Tetilla(ケソ テティージャ)
これまたガリシアが誇る名品。とてもおいしいチーズで、別名「尼さんのおっぱい」
確かに形はそんな感じ(о´∀`о)てかよく尼さんに怒られないよねw滑らかな舌ざわりで味もチーズとしては結構な甘さを持っていて、ママの味でおなじみ不二家さんのミルキーみたいな風味。まさにママの味です。ふつーに食べてよし、パン・ハムと食べてよし、溶かして付けてよし、ワインとの相性もよしで実にオールマイティなチーズです日本ではお店に売ってるのは見たことないけどネット通販とかで買えるみたいなので気になる方はぜひお試しあれ。
こんな形。
tetilla.jpg

○CACAO SAMPAKA(カカオ サンパカ) ⇒HPはこちら☆
こちらはバルセロナに本店を構えるスペイン王室御用達のチョコレート専門店。ちょっと高めですがたまに買って食べる分には程よい高級感。味はもちろん洗練された甘さのスペシャリティ。ちなみに原料のカカオはDOLでもおなじみコロンブスさんとコルテスさんが中南米からスペインに初めて持ち帰り、それがフランスへ伝わりヨーロッパ全土へと広がっていったと言われております。チョコレートっていつ食べてもいいものですよねー(*⁰▿⁰*)
ちなみにサンパカさんは東京丸の内にも店舗があるのでチャンスがあれば食べてみてくださいませー。
sampaka.jpg

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
我慢できずに最近買ってしまいました、ホライゾンゼロドーン。
超美麗なグラフィック。とんでもない自由さ。ハンターなわたしにはドンピシャですんごい面白い。すんごい酔うけどw
本編には何も関係ないけどフォトモードって機能が付いてて、これがハンパなくてずっといぢってられますww
Horizon Zero Dawn™_20170311105927

ポチハンター


# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(ツバメとカナリア)

花粉が舞ったと思ったら寒くなりそしてまた暑くなる、体調管理が面倒な季節が苦手なえるもさ・まーるです(ノω・、)
暑さが和らいできて寒くなる前の秋前ぐらいが一番好きな季節だなぁ。。。いろいろ楽に過ごせるので
でもこんな面倒な季節でももちろん良いこともあります。それは…

やきう(野球)です!

基本インドア派なわたしですがなぜか野球観戦が大好きです♪多分野球好きな環境の中で育ってきたからだとは思いますが、物心着いたときから東京ヤクルトスワローズ一筋!もう長いことファンやってます( •̀∀︎•́ )✧︎

そんなやきうファンが待ちわびたこの季節、これからの長いシーズンに向けての準備が始まり胸が高鳴りますね!でも一つだけ気がかりなことが…いつもは時間があれば現地観戦に行ったりTVで観たりしてたけど今年はDOLやり始めたからなぁ…夜の貴重な自由時間、どっちを取るか頭を悩ませてくれそうですw

神宮球場の雰囲気がすごく好きです
畜ペン
今年も送られてきましたCREWユニホーム2017とおまけのペンギントランプ
クルユニ

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
テネリフェ島のサッカーチームに日本人選手⚽️が移籍したけど環境に慣れられない?っていう記事を最近やほーとかでよく見ます。わたしは選手とかチームのこととかよく分からないけど、友達からテネリフェ島って暮らしにくいの??と聞かれることがありました。んで、全然そんなことないよ!…とは実は言いづらくて。

テネリフェ島はラスパルマスとかがあるカナリア諸島の一部で、スペイン本土やヨーロッパの人から見たらリゾート地(日本でいう石垣島とかハワイみたいな)
都会の喧騒から離れ、時間を忘れてゆったり過ごすには最高のロケーションただし住むとなったら話は別。元来スペイン人は陽気な人が多いですがあまり自分達から駆け寄ることはしません。スペイン語以外はほとんど話そうとしませんし(バルセロナやマドリードの街ですら英語も通じない)、意外とシャイです。色々と適当で雑なことが多いです。その代わり楽しい奴だと分かった途端にそれはもうフレンドリーでホスピタリティ溢れるアミーゴに早変わりします。テネリフェ島の人たちはそんなスペイン国民性に輪をかけてなかなかの内弁慶な島国気質の人が多いと言われています。あるいは心を開いてくれるまで時間がかかるかもしれません。
そんな中で観光ではなく生活していくというのはもしかしたら大変なことなのかもなぁ。

って話を友達にしたら「なんか住みにくそうだねー( ´△︎`)」って言われたんだよね…
わたしも1度行ったことあるだけだけど確かに住むとなるとちょっと大変かもなぁ
でもでも、日本人の好みに合うと思う魚介中心の食文化、美しいビーチに星空、楽しいアクティビティ(わたし的オススメはヨーロッパNo.1とも言われる動物園⇒Loro Parque(ロロ・パルケ))

もしかしたらニュースとかでテネリフェ島のイメージが変な感じで伝わっちゃうんじゃ?とわたしみたいなのでも少しだけ心配になったりしたので、なんとなーく記事を書いてみようと思いまして( '∀︎' )
テネリフェ島、本当に素晴らしいところなんですよ

ヤクルト好きならポチ必須


# エルモサ・マールのDOLとそれほど関係ない日記。 (スペインの空耳。)

毎年この時期はいつも温泉旅行に行きたくなるえるもさ・まーるです(*´□`)
どんな温泉でもいいから広い浴場で1人うにゃ〜!って体伸ばしてゆっくりしたい(*-ω-)

最近DOLで「製本」というのを覚えまして、倉庫に貯まったレシピ集を片付けていたんですが。
いつどこでもらったのか分からない「西地中海の名物料理集」なるレシピを発見して中身を見てみたところ…

大航海時代 Online_1414
大航海時代 Online_1413

おー!『ポルボ・ア・フェイラ』と『パエージャ・バレンシアーナ』じゃないかっΣ(・艸・*)DOLの調理レシピでこんなのも作れるんだね

☆ポルボ・ア・フェイラ☆
「タコのガリシア風」で有名な、スペインガリシア州のいわゆるソウルフードの1つで、聞いたことがある人も結構いるのではないでしょうか?

タコ1匹を豪快に茹で、塩とオリーブオイル、パプリカパウダーのシンプルな味付けで、添えられたホクホクのじゃがいもと一緒に食べる最高に美味な料理。昔から専任でこれを作るポルベイラスと呼ばれる職人さんがいるぐらいガリシアでは歴史のある料理。わたしはこれが大好きで、家にオリーブオイルとパプリカパウダーを常備していつでも作れるようにしています♪

これこれ↓↓
41P0hYpI3-L__AC_UL130_.jpg

☆パエージャ・バレンシアーナ☆
言わずと知れたスペイン料理の代名詞「パエージャ(パエリア)」。地方によって独自のスタイルがありますが、バレンシア州の鶏肉やウサギ肉、いんげん豆など山の食材をメインにしたパエージャをパエージャ・バレンシアーナと呼びます。パエジェーラ(パエージャ専用の大きい鍋)なんて持ってないから家で作るとうまくできなくて大変なんですよねー(。-`ω-)

日本でもスペインバルが増えてきて食べられるチャンスがあると思うので、たまにはスペイン料理もいかがでしょ?

☆;+;。・゚・。;+;☆;おまけ☆;+;。・゚・。;+;☆
スペインではバルと同じような居酒屋さんのことを「タベルナ」とも呼びます(違いは曖昧ですが、飲み屋さん的なところがバル、小料理屋やファストフード店的なところをタベルナと呼んでるのかな?)日本語的にはなんだか不思議です。
他にも日本語っぽいスペイン語で有名なところだと雌牛をバカニンニクをアホと発音するのでバカ・デ・アホ・エル・アサーダ(牛肉のニンニク炒め)…なんて呼ぶとか呼ばないとか( ̄▽︎ ̄;)

「タベルナでバカデアホを食べる」もうわけがわからんですね。

※実際にはスペインでは食肉といえば豚肉がメインで、鶏ウサギの次ぐらいに牛がくるぐらいあまり牛肉はポピュラーではないので、お店で見る機会はほぼないかも。同じスペイン語圏内なら超牛肉大国のアルゼンチン、ブエノスアイレス辺りに行くともしかしたら売ってる、のかもしれませんよ?
(てかわたしはお店で出会ったことないからもはや都市伝説レベルなのかな?w)

てかたくさんポルボ作りたいのでDOLでもりもりタコが釣れる海域があったらぜひともおせーてくだせー(´。・д人)

ぽちったらきっとスペイン料理食べたくなるよ?


# エルモサ・マールのDOLと関係ない日記。(イスパニアのクリスマス)

今年もいつの間にか残り3週間ぐらいになりなんかよくわからないけど忙しさを感じております
しかしいつものことながら、あっという間に1年が過ぎていきますねー、もうクリスマスか(・ω・`。)

DOLでもちょうど今やってますよねクリスマスキャンペーン、例の紳士に話しかけるとクリスマスお菓子もらえるやつ
ブッシュドノエル()とかパネトーネ()とか、ふつーにおいしそう

クリスマスって習慣とか雰囲気とかを楽しむのもいいですけど、わたしは料理、特にお菓子にはかなり多めにポイント割り振っていいと思ってます(´∀`*)

ということで今回はわたしの愛すべきスペインのクリスマス御用達のお菓子をご紹介しようと思います

まずは『トゥロン』 ⇒困ったときのwiki先生
スペインでは1年通してスーパーとかお菓子屋さんに売っているポピュラーなお菓子。
クリスマスシーズンになると特にゴリ押しされますw
アーモンドやらヘーゼルナッツなどのナッツ類を蜂蜜・砂糖・卵白で固めたお菓子。バリエーションはたくさんあるけど、基本は"ヒホナ"と"アリカンテ"という2種類のタイプがあって、ヒホナはいわゆるヌガータイプ(ねっとりしたカロリーメイトみたいな感じ)、アリカンテは砕いていないナッツをぎゅっと圧縮してカリッとした飴?キャラメリゼ加工?みたいにしたタイプ。
ガリガリザクザクとした触感も楽しいんですけど、かなり固いのでわたしはヒホナのが好き。

次は『ポルボロン』 ※まさかのwiki先生NO記載
州都セビリアを持つアンダルシア州伝統のクリスマスお菓子、ポルボロン。
アーモンドパウダーが命のホロホロ系クッキー日本で近いものといったら…ちんすこうとか?落雁とか?
とにかくホロホロとした食感が特徴で、「口に入れてなくなる前に"ポルボロン"と3回唱えると幸せになれる。」というハートウォーミングな言い伝えがあるほどにホロホロ(。・ω・。)

どちらも大変おいしい(ちょっと甘すぎる場合あり)お菓子なんですが、残念ながら日本ではあまり見かけたことがありません。
トゥロンはたまーにKALDIさんとか成城石井さんとかに売ってるのを見たことがありますが、ポルボロンなんてほぼ売ってない。
で、都内で売ってないかなーと思ってちょっと調べてみたら…ありました!都内ではなかったですがステキなお店を見つけましたよっ

☆スペイン菓子工房 ドゥルセ・ミーナさん☆

わたしは知らなかったのですが(ホントもったいない)、有名なお店とのことでしたので期待を込めてお店に行ってみました(結構遠かったですがw)

たくさん買ってまいりましたっ(*≧з≦)IMG_2871.jpg

これがポルボロン(左)とおまけのマンテカード(右)
IMG_2875.jpg

こっちはトゥロン(アリカンテも売っていましたが今回はヒホナを購入)
IMG_2880.jpg

おまけのタルタ・デ・サンティアゴ(聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラ名物)
IMG_2879.jpg

DOLのおかげで?ステキなお店を知ることができてラッキーな週末でした♪

スペインのクリスマスお菓子、知らなかった方はポチ

# プロフィール

えるもさ・まーる

Author:えるもさ・まーる
なにげなく今さら始めた
大航海時代onlineが
楽しくてしょうがない
ゆるゆる航海日記です。
エルモサ・マールは
ASTRAIOSサーバで
日々迷子になってるので
道案内してくれると喜びます。

出航日:2016/8/11♪

# 最新記事